スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016冬アニメ、3行感想。

はいどうもこんばんは(๑ↀᆺↀ๑)ノ
ざっくりと上から楽しんだ順、


 『闇芝居』3期
  ・特に理由もなく不遇な目に遭う人々。
  ・クリーチャーデザインが面白。
  ・期を増す毎に奥行きや動きが進化している。

 『ディメンションW』
  ・梅津さんのOPはやはり良い。飛ばせない
  ・原作者が参加して、それが良い方向に出たかと。
  ・ディメラジも良かった。

 『昭和元禄落語心中』
  ・スタッフ座組、キャストなど手抜き箇所が見当たらない。
  ・良きものを観た。
  ・2期、最初からある計画だったんじゃ。という疑念


 『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』
  ・1話の掴みで乙女感出しすぎたのは勿体無かっただろうか。
  ・しかしそれがフィルタリングだったのかも。
  ・ラス2話は大号泣しながら観ていた。

 『おそ松さん』
  ・人気を理解した上での2クール目だった。
  ・十四松可愛いよ、十四松。
  ・数字だけ見れば絶対に2期が来るであろう、と。

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
  ・遅々とした進行、それも悪くない。
  ・もっと死ぬと思っていた、案外死んでない。
  ・既存シリーズとの違いを出すの大変だろうに、しかし巧かった。

 『赤髪の白雪姫』後期
  ・丁寧。1期ほど背景に違和感を感じなかった。
  ・原作が単発ネタから広がっただけに話の山場が時に不思議。
  ・二国+αの話なのでこの世界がどの程度なのかは推し量れない。

 『デュラララ!!×2結』
  ・1期(2クール)からの2期(分割1+1+1クール)の最後。
  ・決着。。。と云う訳でもないのだが、一段落。
  ・またやるかな?どうかな。観たい

 『GATE』後期
  ・話半ば。切りが良いとも余り思えないところ。
  ・原作は完結しているので、続きもアニメで観てみたい、とも。
  ・良いんだけど、キャラが多いので、ねぇ。

 『石膏ボーイズ』
  ・馬鹿だなぁ(褒め言葉)
  ・大人の悪巫山戯は楽しいね。
  ・アフタートーク(youtube)まで含めて、楽しんだ

 『おじさんとマシュマロ』
  ・原作量からのアニメ尺バランスが秀逸。
  ・ショートアニメはこのテンポだよなぁ
  ・実写パートは謎。

 『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』前期
  ・面白かったけど、煮え切らない感も。
  ・話毎で色が違って其処が楽しい面もあるが、統一感に欠ける面もあり
  ・2期でどうケリが付くのか。


 『ブブキ・ブランキ』
  ・どうしたもんか、どういう心持ちで観ればよかったのか
  ・ネックは脚本・構成だったかと
  ・2期も観てみます。



次は、2016春アニメ序盤を、書く、かも。

では、また


2016-04-10 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

2016冬アニメ序盤、3行感想。

2016冬アニメ序盤、3行感想。

  どうも猫のpochiです。
 大体上から楽しんでいる順で。


 『闇芝居』3期
  ・異形推しで『影鰐』感が増している。
  ・昔話などにありがちな説教感は皆無。
  ・気持ち悪いは褒め言葉。楽しい

 『昭和元禄落語心中』
  ・全方位にちゃんと金が掛かってる。
  ・勿論、愛と気合があってのこと。
  ・素晴らしいアニメ化。

 『Dimension W』
  ・導入はキッチリこなした、今後も楽しみ。
  ・D、アッキーラ、悠きゃん、Nice。上田さんも御上手
  ・安定の梅津OP。
  (『GANGSTA.』も梅津EDで、OPがSDFだったなぁ、て。)

 『石膏ボーイズ』
  ・脚本横手さん、音響監督鶴岡さん、って本気の座組かよ。素敵
  ・杉、シンノス、ジュン、D。そしてタカピロに崇矢さんに。うん、良い
  ・毎話バカ笑いして、いい気持ち。



 『おそ松さん』前期継続
  ・相変わらずの面白さ。
  ・スタッフが十四松の人気を理解した上で作ってる感増し増し。
  ・推しは十四松です。

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』前期継続
  ・面白い。ゆるりとした進行だが大丈夫なのだろうか。
  ・MBSオンデマンドが優秀。
  ・で、SEEDの3期は?

 『赤髪の白雪姫』分割後期
  ・細やかさが活きてる。
  ・不安は少ない、後半まで品質が保たれるのか、のみ。
  ・ちゃんと先がわかった上で今の脚本を作っているのだろうな。

 『デュラララ!!×2結』3分割後期
  ・結OPイントロシーンが大変好み。
  ・承/転よりも安定したと感じる。
  ・朱夏が慣れたのか、朱夏に慣れたのか

 『ブブキ・ブランキ』
  ・今期のフル3D作品では最も好ましい。
  ・敵方の的場井周作(CV津田健次郎さん)が最高。
  ・今後も楽しみ

 『おじさんとマシュマロ』
  ・内容と尺のバランスはバッチリ。
  ・稲田徹さんとキタエリでバッチリバッチリー。
  ・34秒スーパーマシュマロクッキングの存在が謎めいている。

 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ』分割後期
  ・前期からぶった斬って、後半に。
  ・前期よりも、ちゃんと死を描写してるところに好感。
  ・話の繋げ方、若干雑に感じるが。まぁまぁ

 『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』
  ・良平くんは可愛いなぁ。
  ・西星のキャストはガチだよなぁ。
  ・うん、男性キャストわいわい楽しいよ

 『ヘヴィーオブジェクト』前期継続
  ・あぁアニメだなぁって、懐かしいノリ。
  ・爆発が派手だよ。
  ・超電磁砲3期か、一通アニメ化こないかなぁ。


 『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』
  ・インフラや社会の中で。
  ・何処に向かって行くのだろうか。
  ・オチ次第。


 では、また。

2016-01-29 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

2015秋クールアニメの感想。

  2015秋クール完走したのは、10本。
 以下に3項感想を述べる。


◎『K ROK』
 ・やっぱり大好きだった、大満足。
 ・みんな格好良かったよ。
 ・第9話『kids room』
  草薙さんと淡島さんと雑魚JUNGLEのEV内アクションが最高。

◎『影鰐』
 ・立体感と奥行きが増した。もっと紙芝居でも良いのよ
 ・番場先生に、又逢いたいね。
 ・次クールの『闇芝居』3期にも期待。


◯『蒼穹のファフナーEXODUS』後期クール
 ・無印後半2/3、ROL、HAE、EX、どれもとても『らしい』。
 ・彼らはこれからも戦って生きて死んでいくんだなぁ、て。
 ・続いてもいいし、終わってもいいと思う。

◯『おそ松さん』
 ・詰まってる、毎話毎話楽しい。
 ・笑いをつくるのは難しいよね。
 ・推しは十四松です。

◯『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
 ・ガンダムの中で新しさを魅せるのは苦労が多いんだろうな。
 ・MBSオンデマンドの振り返り配信が優秀、
  アニメイズム枠でもやって欲しい。
 ・次クール以降も楽しみ。

◯『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』
 ・綺麗だった。
 ・優しかった。
 ・良かったよ。

◯『コンクリート・レボルティオ-超人幻想-』
 ・普通に面白い。
 ・抜きん出て此処がと云う訳でもなく。
 ・芳村兵馬が好きです。


△『うしおととら』
 ・前クールから引き続き、尺が気になる。
 ・第21-23話の斗和子が最高だった。
 ・ラスト1クールがどんなクオリティになるか、楽しみ。

△『ヘヴィーオブジェクト』
 ・安心して観れてる。
 ・20年前の平日18:00~のテレ東な気分。
 ・アニメらしくアニメしてる。


☓『すべてがFになる』
 ・画や音や演者は良いのに、面白くなかった。
 ・強いて言えば渡辺さんの脚本が好み。
 ・詳細は別記事に。



  では、また。

  次回は、2016冬アニメ序盤感想、かな。



2015-12-28 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

アニメ『すべてがFになる』視聴完了、総括。それほどのネタバレは含まない、筈。

  このエントリは、森作品全般への
 ネタバレに一切の配慮をしない。
 自己責任で、ご覧ください。


  TVアニメーション『すべてがFになる』全11話視聴しました。

  先に断っておくと、私には面白くありませんでした。
 これは私が原作の、より精確にいえば原作シリーズや他森作品のファン
 であるが故だと思われます。

  過去に『スカイ・クロラ』が押井守氏の手で劇場アニメ化された際、
 ササクラの性転換を除いてではありますが、楽しく視聴出来たのは、
 空戦の想像が及ばない部分が補完されたからだと思いました。

  今作『すべてがFになる』に関しては、
 既にゲーム化や浅田寅ヲ氏のコミカライズで、
 ビジュアルイメージの定着が行われていました。

  比較すればTVドラマ版よりは遥かにマシだと断言できますが、
 それでも、そうだとしても、もっと良い形に
 成り得たのはないのだろうか、と。

  またアニメのオリジナル要素がほぼ全てがノイズとして
 写ったのも一因だと思います。
  それはキャラ付けの一環としてのみ付与された、
 犀川創平の謎Tシャツや目薬下手、
 西之園萌絵の干し椎茸、などの設定。
  何よりも最大のネックは劇中の時代が原作比で20年ほど
 現代に寄った部分です。
  それらに、そうせざるを得ない意義が合ったとは、
 観終えた今、とても思えません。

  プレスコで録られたキャストの好演や
 劇伴の出来や全体的に作画も安定していて
 浅野いにお氏のキャラ原案も、OP/EDも、
 1エピソードを1クール掛けてやるのも斬新だったと
  では、何が、と云うと脚本に他なりません。
 youtubeに挙げられたシリーズ構成/脚本家らの鼎談は酷いもので。
  森氏の小説に何故あとがきが存在しないのか。
 まさか知らない筈はないと思いますが、アレは醜いと感じました。

  観終えた今、原作クレジットが
 『すべてがFになる』オンリーではなく
 『四季』シリーズの要素が含まれたことすら、尺に合わないので
 水増しとして用いられたのではないかと邪推する程。

  ところで、ラノベや4コマを原作としたアニメ化で
 とても面白く仕上がっているものが多々有りますね。
  業界にノウハウが貯まっているのを感じます。
 なのに、何故なのだろう、ノイタミナがチャレンジする枠なのは
 理解の上で、常識を覆すという意思の方向が迷子だったのかな
  もっと守りに入れば良かったんじゃないなぁ、ってね。

  犀川創平と西之園萌絵は、『すべてがFになる』のあと
 9冊分の物語を経過して、やっとこれから進展していく...
 のかもしれない。
  っていうアレやソレやは、是非原作を読んでいただきたい。


  では、今回の『すべてがFになる』のアニメ化は、
 S&Mシリーズないしその他の森作品への間口を広げたのだろうか?

  答えは、、、多分NOだ。
  
  割と稀有なケースだと思うのだが、
 原作小説と今回のアニメは、
 相互にネタバレとなってしまうだろう、
 という不思議な関係性。

  『すべてがFになる』からはじまるS&Mシリーズ全10作
  『黒猫の三角』からはじまるVシリーズ全10作
  『四季 春』~『四季 冬』までの全1作(4巻に分冊)
    
  先に原作を読む事により、アニメに惜しさを感じ。
 逆にアニメを先に観てしまうと、原作の快感を先行して奪う。
  のでは、ないだろうか。と
 1個人の想像だが、そう思えてしまう。


  ・・・あぁ、あぁ。


  どうするのが最大公約数が楽しめる
 アニメ化だったのかなぁ。
 わからないや。

  
  浅田寅ヲ氏の漫画版がそのままアニメ化されるのが、
 最も良かったんじゃないかなぁ。


  原作は今後の人生において幾度か読み返すだろうが、
 アニメを観返すことは、無いのかもしれない。


  


 「私には正しい、貴方には正しくない……。
 いずれにしても、正しい、なんて概念はその程度のことです」


2015-12-18 : すべてがFになる : コメント : 0 :
Pagetop

アニメ『すべてがFになる』第十一章 無色の週末 感想。様々ネタバレ有

  このエントリは、S&MV四季百年
 当該話数などへのネタバレ一切の配慮をしない
 既読ないしはネタバレを気にしない方のみご覧ください。



 第十一章 無色の週末

  今話は構図がとても良かった。

  原作に忠実な名言・名文句のオンパレード
 それをシリーズ通して行っていれば...

  アニメオリジナル設定(謎Tシャツ、干し椎茸、目薬下手、etc)は、
 不必要だったのではなかろうか。
  また、現代に20年ほど寄せた設定も活きたようには思えなかった。
  

  何も完結しなくて良い。
 ならもっと自由にするか、
 もっと原作に縛られたほうが、
 アニメとして面白くなったのではないだろうか。

  ないし浅田寅ヲ版のコミカライズをアニメ化していれば...
 と、思ってしまう。

  などなどの細かい話は、

 次のTVアニメ『すべてがFになる』の総括で。

 では、後ほど。
2015-12-18 : すべてがFになる : コメント : 0 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

自己紹介

nekopochi413

Author:nekopochi413
どうも猫のpochiです。
リンクは御自由にどうぞ。

スライドショー

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。