スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

2016冬アニメ、3行感想。

はいどうもこんばんは(๑ↀᆺↀ๑)ノ
ざっくりと上から楽しんだ順、


 『闇芝居』3期
  ・特に理由もなく不遇な目に遭う人々。
  ・クリーチャーデザインが面白。
  ・期を増す毎に奥行きや動きが進化している。

 『ディメンションW』
  ・梅津さんのOPはやはり良い。飛ばせない
  ・原作者が参加して、それが良い方向に出たかと。
  ・ディメラジも良かった。

 『昭和元禄落語心中』
  ・スタッフ座組、キャストなど手抜き箇所が見当たらない。
  ・良きものを観た。
  ・2期、最初からある計画だったんじゃ。という疑念


 『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』
  ・1話の掴みで乙女感出しすぎたのは勿体無かっただろうか。
  ・しかしそれがフィルタリングだったのかも。
  ・ラス2話は大号泣しながら観ていた。

 『おそ松さん』
  ・人気を理解した上での2クール目だった。
  ・十四松可愛いよ、十四松。
  ・数字だけ見れば絶対に2期が来るであろう、と。

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
  ・遅々とした進行、それも悪くない。
  ・もっと死ぬと思っていた、案外死んでない。
  ・既存シリーズとの違いを出すの大変だろうに、しかし巧かった。

 『赤髪の白雪姫』後期
  ・丁寧。1期ほど背景に違和感を感じなかった。
  ・原作が単発ネタから広がっただけに話の山場が時に不思議。
  ・二国+αの話なのでこの世界がどの程度なのかは推し量れない。

 『デュラララ!!×2結』
  ・1期(2クール)からの2期(分割1+1+1クール)の最後。
  ・決着。。。と云う訳でもないのだが、一段落。
  ・またやるかな?どうかな。観たい

 『GATE』後期
  ・話半ば。切りが良いとも余り思えないところ。
  ・原作は完結しているので、続きもアニメで観てみたい、とも。
  ・良いんだけど、キャラが多いので、ねぇ。

 『石膏ボーイズ』
  ・馬鹿だなぁ(褒め言葉)
  ・大人の悪巫山戯は楽しいね。
  ・アフタートーク(youtube)まで含めて、楽しんだ

 『おじさんとマシュマロ』
  ・原作量からのアニメ尺バランスが秀逸。
  ・ショートアニメはこのテンポだよなぁ
  ・実写パートは謎。

 『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』前期
  ・面白かったけど、煮え切らない感も。
  ・話毎で色が違って其処が楽しい面もあるが、統一感に欠ける面もあり
  ・2期でどうケリが付くのか。


 『ブブキ・ブランキ』
  ・どうしたもんか、どういう心持ちで観ればよかったのか
  ・ネックは脚本・構成だったかと
  ・2期も観てみます。



次は、2016春アニメ序盤を、書く、かも。

では、また


2016-04-10 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

2016冬アニメ序盤、3行感想。

2016冬アニメ序盤、3行感想。

  どうも猫のpochiです。
 大体上から楽しんでいる順で。


 『闇芝居』3期
  ・異形推しで『影鰐』感が増している。
  ・昔話などにありがちな説教感は皆無。
  ・気持ち悪いは褒め言葉。楽しい

 『昭和元禄落語心中』
  ・全方位にちゃんと金が掛かってる。
  ・勿論、愛と気合があってのこと。
  ・素晴らしいアニメ化。

 『Dimension W』
  ・導入はキッチリこなした、今後も楽しみ。
  ・D、アッキーラ、悠きゃん、Nice。上田さんも御上手
  ・安定の梅津OP。
  (『GANGSTA.』も梅津EDで、OPがSDFだったなぁ、て。)

 『石膏ボーイズ』
  ・脚本横手さん、音響監督鶴岡さん、って本気の座組かよ。素敵
  ・杉、シンノス、ジュン、D。そしてタカピロに崇矢さんに。うん、良い
  ・毎話バカ笑いして、いい気持ち。



 『おそ松さん』前期継続
  ・相変わらずの面白さ。
  ・スタッフが十四松の人気を理解した上で作ってる感増し増し。
  ・推しは十四松です。

 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』前期継続
  ・面白い。ゆるりとした進行だが大丈夫なのだろうか。
  ・MBSオンデマンドが優秀。
  ・で、SEEDの3期は?

 『赤髪の白雪姫』分割後期
  ・細やかさが活きてる。
  ・不安は少ない、後半まで品質が保たれるのか、のみ。
  ・ちゃんと先がわかった上で今の脚本を作っているのだろうな。

 『デュラララ!!×2結』3分割後期
  ・結OPイントロシーンが大変好み。
  ・承/転よりも安定したと感じる。
  ・朱夏が慣れたのか、朱夏に慣れたのか

 『ブブキ・ブランキ』
  ・今期のフル3D作品では最も好ましい。
  ・敵方の的場井周作(CV津田健次郎さん)が最高。
  ・今後も楽しみ

 『おじさんとマシュマロ』
  ・内容と尺のバランスはバッチリ。
  ・稲田徹さんとキタエリでバッチリバッチリー。
  ・34秒スーパーマシュマロクッキングの存在が謎めいている。

 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ』分割後期
  ・前期からぶった斬って、後半に。
  ・前期よりも、ちゃんと死を描写してるところに好感。
  ・話の繋げ方、若干雑に感じるが。まぁまぁ

 『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』
  ・良平くんは可愛いなぁ。
  ・西星のキャストはガチだよなぁ。
  ・うん、男性キャストわいわい楽しいよ

 『ヘヴィーオブジェクト』前期継続
  ・あぁアニメだなぁって、懐かしいノリ。
  ・爆発が派手だよ。
  ・超電磁砲3期か、一通アニメ化こないかなぁ。


 『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』
  ・インフラや社会の中で。
  ・何処に向かって行くのだろうか。
  ・オチ次第。


 では、また。

2016-01-29 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

2015秋クールアニメの感想。

  2015秋クール完走したのは、10本。
 以下に3項感想を述べる。


◎『K ROK』
 ・やっぱり大好きだった、大満足。
 ・みんな格好良かったよ。
 ・第9話『kids room』
  草薙さんと淡島さんと雑魚JUNGLEのEV内アクションが最高。

◎『影鰐』
 ・立体感と奥行きが増した。もっと紙芝居でも良いのよ
 ・番場先生に、又逢いたいね。
 ・次クールの『闇芝居』3期にも期待。


◯『蒼穹のファフナーEXODUS』後期クール
 ・無印後半2/3、ROL、HAE、EX、どれもとても『らしい』。
 ・彼らはこれからも戦って生きて死んでいくんだなぁ、て。
 ・続いてもいいし、終わってもいいと思う。

◯『おそ松さん』
 ・詰まってる、毎話毎話楽しい。
 ・笑いをつくるのは難しいよね。
 ・推しは十四松です。

◯『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
 ・ガンダムの中で新しさを魅せるのは苦労が多いんだろうな。
 ・MBSオンデマンドの振り返り配信が優秀、
  アニメイズム枠でもやって欲しい。
 ・次クール以降も楽しみ。

◯『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』
 ・綺麗だった。
 ・優しかった。
 ・良かったよ。

◯『コンクリート・レボルティオ-超人幻想-』
 ・普通に面白い。
 ・抜きん出て此処がと云う訳でもなく。
 ・芳村兵馬が好きです。


△『うしおととら』
 ・前クールから引き続き、尺が気になる。
 ・第21-23話の斗和子が最高だった。
 ・ラスト1クールがどんなクオリティになるか、楽しみ。

△『ヘヴィーオブジェクト』
 ・安心して観れてる。
 ・20年前の平日18:00~のテレ東な気分。
 ・アニメらしくアニメしてる。


☓『すべてがFになる』
 ・画や音や演者は良いのに、面白くなかった。
 ・強いて言えば渡辺さんの脚本が好み。
 ・詳細は別記事に。



  では、また。

  次回は、2016冬アニメ序盤感想、かな。



2015-12-28 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

2015夏アニメ及び2015秋アニメ序盤の感想。

  どうもこんにちは、猫のpochiです。

 今回は、3行感想シリーズ。

 2015夏アニメ

『GANGSTA.』
 ・津田健次郎さんの好演が光る、ドラマCD版と同一キャストは嬉しい。
 ・終わり方は賛否有るだろうが原作通りで個人的には◯。
 ・アニメ続編の構想もあったのだろうと思われる、が。が

『クラスルーム☆クライシス』
 ・要素過多を巧くいなした。
 ・広く浅く、だが満足度高し。
 ・終わり良ければ纏まった印象になる。良い

『赤髪の白雪姫』
 ・一点此処が、というのではなく平均点高く上質。
 ・原作通りの優しさに溢れている。
 ・2016冬からはじまる後期クールにも期待。

『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えリ』
 ・異世界ファンタジーって鉄板だなぁ、て。
 ・手描きと3Dモデルの車両が混在するのはノイズ。
 ・2016冬からはじまる後期クールにも期待。

『ワカコ酒』
 ・素晴らしき沢城みゆき劇場
 ・原作漫画とショートアニメが抜群の相性
 ・もっと観ていたかった。

『デュラララ!!×2 転』
 ・良くも悪くも『慣れ』てきた。
 ・3分割でクオリティが並では、少々惜しい、が。
 ・2016冬からはじまる2期最終クールにも期待。

『WORKING!!!』
 ・1期よりも2期、2期よりも今期と、立体感有る画作りに。
 ・安心感、安定感、いつものカリノ作品らしさ
 ・1時間SPも楽しみだね。

『うしおととら』
 ・ところどころで明らかに尺が足りてない。
 ・3クール全39話で全巻分やるそうだが、4クール全50話ぐらいあればなぁ...
 ・キャストのハマり具合、画作り、OP曲など、良い、とても良い。

『アルスラーン戦記』
 ・天才軍師コンビ(洋Pと佳P)が愛おしい。
 ・2期も楽しみ。
 ・第一部の全てがちゃんとアニメになったら嬉しいなぁ

『がっこうぐらし!』
 ・キャッチが巧かった。
 ・4コマ原作をアニメ化するノウハウが業界に着々と蓄積されているのを感じた。
 ・いつの日か2期の制作を可能とする終わり方。もっとスマートにでも出来た筈だが


 2015秋アニメ

『K ROK』
・相変わらず美麗。
・ぐりぐり動くカメラワーク。
・兼役をも楽しむ。

『影鰐』
・『闇芝居』比でめちゃくちゃ動くようになった。
・紙芝居的演出も残しつつ。
・真面目な杉田さん。

『おそ松さん』
・これもキャッチ巧い。
・声優力だけじゃない造り
・十四松キテる。

『すべてがFになる』
・アニメオリジナルの要素がノイズに見えて仕方がない。
・時代設定を現代に寄せたのがギルティ。
・詳しくは毎話感想書いてますので、そちらを。

『コンクリート・レボルティオ-超人幻想-』
・これでもかと詰め込まれた感じが良い方向に。
・切り刻まれた時間軸の妙。
・ちゃんとオチるか楽しみ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
・安定のクオリティ。
・MBSオンデマンドが優秀。
・それでも私はSEEDの第3部を待っています。


『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』
・背景の描き込みが丁寧。
・それに埋没しないキャラクタたち。
・あまり動かないが丁寧で良い。

『コメット・ルシファー』
・メカの動きは今期No.1ぬるぬる
・建造物の描き方が好ましい
・オリジナルらしく今後が楽しみ

『ルパン三世(4th)』
・良くも悪くも長く続いてる作品。
・伝統のフォーマット通りという安心感
・車両の選び方がマニアックで好感

『ヘヴィーオブジェクト』
・理解り易い。
・爆発シーンに気合が入りすぎている。
・超電磁砲3期やらないかなぁ。

『ワンパンマン』
・日常もの(ヒーローたちの)
・声優力が相当のもの
・派手。

『ヤング ブラック・ジャック』
・大塚明夫さんのナレーションが素晴らしい。
・キャラクタの現代的なリファインは難しかったことだろう。
・継ぐ、ということの制約が厳しいように感じる。

以上。

では、また、近いうちに。 

2015-11-01 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop

アニメ『すべてがFになる』の放送前に、今の想い。

 どうも猫のpochiです(๑๑)ノ

 今回は今秋よりアニメ化される『すべてがFになる』について幾つか。

 相変わらず過分に様々なネタバレを含みます。
 気にならないor森作品を既読の方のみどうぞ。



1.『すべてがFになる』とは

 1996年に第1回メフィスト賞受賞とともに
     商業デビューを飾った森博嗣氏
     本来シリーズ第4作目として執筆されていた
     『すべてがFになる日』を
     『すべてがFになる』と改題し、
    S&M(犀川&萌絵)シリーズの第1作目とした。
  以降も驚異的な執筆ペースで数多くの作品を送り出す。

 そしてメディアミックス展開される『すべてがFになる』たち
 2001年浅田寅ヲ氏により
      原作を遵守したマンガ化。
 2002年KIDにより
      マルチEDの採用によりifを含んだゲーム化。
 2014年CXによるTVドラマ化
      ノーコメント。
 2015年霜月かいり氏によるマンガ化
      下記のアニメ設定を踏襲しているように思える。
 2015年A-1によりTVアニメ化
      原作に『すべてがFになる』と『四季』を
      クレジットしてのアニメ化。


2.単体として
 ・『すべてがFになる』
   約20年を経ても色褪せない。
  描写や設定が、と云う意味ではなく、
  シリーズをはじめる、はじめた時の、方位と角度、
  そしてそれらを包む装飾のセンス。
   魅せ方の限定具合、その匙加減も。

 ・『四季』
   約10年の時を経て未だ新しい。
  S&MからVへ、そして四季に至るまでの10年、
  更に其処から10年経ったのが、今現在。それでもなお。
   此方もカメラの位置と距離、その絞り具合が絶妙。



3.問題点
 ・時代設定
    原作作品内は1990年台半ばなのですが、
   アニメでは15-20年ほど現代に寄っています。
    個人が携帯電話を持つか持たないか、
   ネットの常時接続が一般的になるよりほんの少し前、
   という本来の設定を、
   現代劇とする理由ないし意味はあるのか。

 ・上記に付随する形での『准教授』
   現実では2007年春に改正された学校教育法により、
  助教授→准教授に置換されました。
   原作時系列は、V→S&M→Gときて、
  Gの6作目で准教授となりました。
  このズレが、『すべF』『四季』以外のトリックやストーリィにおいて
  矛盾をはらむ要因となりえてしまわないだろうか。

 ・『すべてがFになる』+『四季』に生じる歪み
   アニメは全11話で『すべてがFになる』に、
  『四季』を部分的に組み入れ、オリジナルの要素も足す。
  と、すると『四季』の辺りだろうと思われるが、
  S&Mシリーズ→Vシリーズを経て『四季』に辿り着いた時に
  受け手が得られるものを減じてしまうのでは、と。

  

4.伏線
 ・S&Mシリーズ『すべてがFになる』~『有限と微小のパン』
 ・Vシリーズ『黒猫の三角』~『
 ・『四季』は分冊されているが、元々1つの作品で。
 ・Gシリーズ、Xシリーズ、、、
 ・そして百年シリーズ

   と、数多ある中から『すべてがFになる』と『四季』の
 一部のみをアニメ化する
 1冊内の伏線、1シリーズ内の伏線、又それらは飛び越えた伏線、
 そもそもが事件自体を多くは描写しなかったり、
 全容解明や解説などもしないケースもある
 という特殊なミステリィ作品シリーズなので、奥や裏を想像させる。
  その特異性を何処まで忠実にないしはアニメとして面白く演出するか。
 出来るのか、やれるのか。



5.リンク
  前項の伏線と同じくシリーズまたぎのリンクが
 そこかしこに仕込んである、これを捨て置いてしまっては、
 折角の魅力を損ねかねないのでは、なかろうか。
  ・真賀田四季の別人格
  ・子の子
  ・と七の子
  ・レゴブロック
  ・VWビートル
  ・エンジェルマヌーヴァ

 ・・・・・・しかしこれらは原作のお楽しみかな。



6.と、すると
 ・犀川&萌絵シリーズの『すべてがFになる』を表とし、
   『四季 』からそれに至った経緯と
  『四季 』により明かされた事実を裏にして、
  それらを全11話のアニメシリーズとして
  キッチリと纏め上げたならば。
   素晴らしいアニメ作品と成り得るのではなかろうか。



7.注目
 ・監督・シリーズ構成・脚本2名
  の4者がどのような方向性をもって、
  再構成し、創りあげるのか。


  願わくばアニメ版のエピローグに、
 『四季 』のプロローグが来たら、最高だな、と。


  どのようなものであれ、とても楽しみにしています。



  このエントリを皮切りに、
 放送が始まったら全11話それぞれの所感を述べていこうと思う。

  では、また、その時に 

2015-09-19 : アニメ : コメント : 0 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

自己紹介

nekopochi413

Author:nekopochi413
どうも猫のpochiです。
リンクは御自由にどうぞ。

スライドショー

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。