『シドニアの騎士』時間経過について少々の考察、勿論ネタバレを多々含む。

 シドニア世界における時間経過を考える日。

  そもそもシドニア人は老化防止剤を用いている、
 更に云えば長道は遺伝子操作で不老なので、
 ビジュアルから年齢を測るのが非常に難しい。

  先ずは、ざっと年表で振り返ります
  2384年8月2日 播種船シドニアの出航、地球は真っ二つ済み


  2600年頃 第1回重力祭りの開催、以降800余年に渡る文化として定着


  2700年頃 この時、既にエースは斉藤ヒロキ

  2800年頃 カビの発見
        小林28代目艦長就任
        不死の船員会設立
        5式衛人が主力機

  3300年頃 17式衛人が主力機
        第四次ガウナ防衛戦により船員が激減
        同上、終期に斉藤ヒロキ換装用クローンの喪失、新規製作を拒否。
        斉藤ヒロキ第1次失踪。

  3380年 斉藤ヒロキが発見される、谷風長道を製造
       長道を連れ、斉藤ヒロキ第2次失踪

  3391年 地下にて斉藤ヒロキ死亡

 さて、そして物語は此処からはじまります。
  3394年      1巻1話、18式衛人が主力機
                  3光年内に衆合船(大)
               2話、久し振りにガウナと接触
               3話、山野姉戦死


               5話、シドニア史上最後の重力祭り

  3394年11月4日 2巻6話、四天王が蹂躙される。

  3394年11月25日 2巻8話、長道が歴史のお勉強


                 9話、星白戦死、仄焔は意識不明の重体を負う
       
              3巻11話、紅天蛾×3と接敵

  3398年       4巻17話、イザナサイボーグ化、落合降ろしの儀
                 20話、海苔夫&海蘊乗っ取られ

              5巻21話、田寛ヌミin血線虫

  3400年       6巻26話、小惑星戦決着
                27話、19式衛人量産開始、
                   仄焔が目を覚ます、長道曰く「ずっと前の戦闘で...」


                29話、レム恒星系植民船はとっくに殺られてた。
                    長道19式先行試作搭乗

              7巻35話衆合船(小)オカリナを打破

  3402年       8巻36話衆合船(大)が惑星セブンの衛星基地並びに惑星基地を破壊。
                39話高コスト実験機(先行20式-1)搭乗

  3404年       9巻43話、順調に19式の量産が進む
                     惑星ナイン近辺を制圧
                    イザナ分化

  3405年      10巻49話、千秋卿へ

  3406年      11巻、惑星セブンから市ヶ谷テルルを救出、同居

  3408年      12巻、水城出航
                 恒星レムに近接

  3409年      13巻61話継衛改ニ(先行20式-2)
                64話爆発により長道怪我
                64-65話、かなた解体出来ず落合の転生
                      第一、第二、観測、各艦隊出撃。

   3414年     14巻65話後半、長道長い眠りから目覚める。


                66話、小林艦長「丁度700年ぐらい前」


                69話、山野弟操縦士「まだ小さな子供でしたよ...何年経ったと...」 


                70話、20式衛人運用開始

 年表ここまで。

  しかし上記年表において3394年以降の年数は本編中で登場していない、
 下記の仮説1-3に基づく予想年数である。

  仮説1『五式~二零式の年代を規定してみる。』
   2800年-5式.6
   2900年-7.8
   3000年-9.10
   3100年-11.12
   3200年-13.14.
   3300年-15式.16式.17式
   3394年-18式がモデル末期(1巻1話時点)
   3400年-19式配備開始
   3402年-高コスト実験機→継衛改ニ
   3414年-20式の運用開始(14巻終了時点)
  単一機体で30-50年程度がカバーされると思われ、また2-3世代の機体は同時期に運用されうる。

  仮説2『長道の感覚を推定する。』
    Q1.2巻9話の戦闘で意識を失った長道、次に目覚めたのはシドニアのベッド。
       さて経過時間は?
    Q2.6巻27話で仄焔が目を覚ました時に、2巻9話の戦闘を指して「ずっと前の戦闘で...」
       この「ずっと」とはどの程度のものなのだろうか?
    Q3.爆発に巻き込まれた長道が14巻65話で目覚めた時に「日付が...こんなに長い時間俺は...」
       さて、どのくらい?

    A1.数日  A2.3年(特に理由はない。)  A3.5年(家の蔦感により複数年経過しているのでは。)

  仮説3『衆合船(大)との距離』
     1巻1話時点で3光年の距離が、8巻時点でごくごく近距離まで近づいている。
    シドニアと衆合船(大)が直線的に光速で移動しても1年半掛かる距離である、
    亜光速で運行したとしても近づくまでに数年は掛かっている、筈。
      衆合船(大)が余り動いていないとしても、、、という訳で1-8巻で6年程度経過しているのでは。

  この仮説1-3を用いて年表の帳尻を合わせた、という表現が近いであろう。

  以上が14巻+71.72話読了時点における『シドニアの騎士』世界の時間経過予測である。
 また今後追加で描写が為された時は、この記事に追記していこうという意思も無くは無い。

  では、また(๑๑)
2015-03-30 : : コメント : 1 :
Pagetop

少女漫画史

 はい、どうもこんにちは(๑ↀᆺↀ๑)ノ

 本日
少女漫画史をお届けします、オススメ作は赤字で。

少女漫画の確立
 手塚治虫の『リボンの騎士』により少女漫画に初めて物語性が導入された、
女手塚と呼ばれた水野英子は其れを更に進化・発展させる、瞳の中に星が飛ぶ描写を広め、
歴史的背景、男女の恋愛、質量を感じさせる布の表現、花を散らす表現、などを取り入れて、
現代へと続く少女漫画の基礎文法を確立させた。
 水野英子以前は男性漫画家も少女漫画を多く執筆していたが、
以後は段々と男性が少女漫画を描くことが減っていき、
少女漫画のその多くは女性によって描かれることとなる。

1955 「なかよし」「りぼん」創刊
1958 『リボンの騎士』初のストーリーもの
1960 『星のたてごと』初の男女恋愛もの
1962 『ひみつのアッコちゃん』『魔法使いサリー』
1963 「マーガレット」創刊
1964 『白いトロイカ』初の史実をベースにした歴史もの
1968 「少女コミック」創刊
1969 『ファイヤー!』


少女漫画の革命
 1970年前後から、花の24年組(山岸凉子、萩尾望都、竹宮恵子、大島弓子、など)や
りぼんグループ(一条ゆかり、弓月光、もりたじゅん)などにより
少女漫画界に革命がもたらされた、
彼女たちは個性的な作家性を全面に押し出して、
其れまでになかった様々な技法やジャンルの垣根を引き下げて、
既存の少女漫画という枠に収まらない作品が多数輩出されることとなる。

1971 『アラベスク』
1972 『ベルサイユのばら』『ポーの一族』
1973 『エースをねらえ!』
1974 「花とゆめ」創刊、『おにいさまへ...』『トーマの心臓』『デザイナー』
1975 『スケバン刑事』『はいからさんが通る』『キャンディ・キャンディ』
    『11人いる!』『ガラスの仮面』
1976 『王家の紋章』『風と木の詩』『エロイカより愛をこめて』
1977 「ちゃお」創刊、『砂の城』『地球へ...』『エリート狂走曲』
1978 『綿の国星』『あさりちゃん』
1980 『日出処の天子』『陽あたり良好!』
1981 『有閑倶楽部』


洗練される少女漫画
 1980年代に入ると時代はより好景気へ、奥行きと幅が広がる。
従来の過剰な演出を簡略化した作品やリアリティを取り込んだ作品などが
ヤング・レディース誌などを中心に隆盛する。

1982 「Wings」創刊、『ときめきトゥナイト』
1983 『吉祥天女』
1985 「Asuka」創刊、『星の瞳のシルエット』
1986 『魔天道ソナタ』『BANANA FISH』『ちびまる子ちゃん』
1987 『笑う大天使』『ぼくの地球を守って』
1988 『動物のお医者さん』『OZ』『みかん絵日記』
1989 『きんぎょ注意報!』『耳をすませば』『マリンブルーの風に抱かれて』
    『花咲ける青少年』『聖伝-RG VEDA-』


多様性を獲得する少女漫画
 1990年代に入ると世相を反映して主人公が葛藤・苦悩するような作品が増える、
そしてメディアミックスが流行してボイスドラマ化、アニメ化、実写化など、
より多くの媒体で性差を越えた幅広い年代に楽しまれる。

1990 『東京BABYLON』『銀色のハーモニー』『姫ちゃんのリボン』『BASARA』
1991 『天使なんかじゃない』『いたずらなキス』『まっすぐにいこう。』『ふしぎ遊戯』
    『赤ちゃんと僕』『伯爵カインシリーズ』『っポイ!』『水色時代』
1992 『美少女戦士セーラームーン』『花より男子』『ママレード・ボーイ』『X』
    『赤ずきんチャチャ』『八雲立つ』
1993 『魔法騎士レイアース』『獣王星』
1994 『怪盗セイント・テール』『ニューヨーク・ニューヨーク』『こどものおもちゃ』『天使禁猟区』
1995 『ご近所物語』『ケロケロちゃいむ』『天は赤い河のほとり』『秋吉家シリーズ』
    『火宵の月』『山田太郎ものがたり』『正しい恋愛のススメ』
1996 『カードキャプターさくら』『東京クレイジーパラダイス』『夜叉-YASHA-』
    『闇の末裔』『花ざかりの君たちへ』『紅茶王子』『彼氏彼女の事情』
1997 『夢幻伝説タカマガハラ』『快感♥フレーズ』『B・B・Joker』『D・N・Angel』『風光る』
1998 『だぁ!だぁ!だぁ!』『フルーツバスケット』『ゴーストハント』
    『神風怪盗ジャンヌ』『しゃにむにGO』
1999 『西洋骨董洋菓子店』


そして現代へ
 少女漫画、少年漫画、青年漫画などの垣根は大分希釈されて
性別・年齢などを問わず魅力的な作品が...

2000 『東京ミュウミュウ』『NANA』『ハチミツとクローバー』
2001 『7SEEDS』『のだめカンタービレ』
2002 『桜蘭高校ホスト部』
2003 『夏目友人帳』
2004 『放課後保健室』
 ・
 ・
 ・


 はい、という訳で極めて簡単に少女漫画史をお届け致しました、
しかし相変わらず偏っているなぁ、と思いながら。

 割りとメジャーなセレクトをしましたが、皆さんどれぐらいご存知だったでしょうか?


 さて、次回は少し間が空きますが、将棋漫画か自転車漫画で書こうかな。

 では、また


猫のpochi

2013-07-14 : : コメント : 0 :
Pagetop

SF漫画100選

 お昼休みにこんにちは(-⊡ω⊡)ノ

 SF漫画史を書こうかな、と思ったら膨大になりすぎて手に余るので
今回は「SF漫画100選」としました、さて貴方は幾つ読んだことがあるでしょうか?
 
 そしていつも通り
特にオススメな作品は赤字にて記載致します。


 古典・原典として楽しむSF漫画、良作多数、だが
もしかしたら今みると「古い」と云われるかもしれませんが...

 手塚治虫『ロストワールド』『メトロポリス』『来るべき世界』『鉄腕アトム』『W3』
       『火の鳥』『ネオ・ファウスト』
 藤子不二雄『21エモン』『ドラえもん』 曰くして「SF=少し不思議」

 石ノ森章太郎『サイボーグ009』『幻魔大戦』『家畜人ヤプー』
 横山光輝『鉄人28号』『バビル2世』
 松本零士『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』
 永井豪『デビルマン』『マジンガーZ』

 萩尾望都『11人いる!』『百億の昼と千億の夜』『銀の三角』『マージナル』
 竹宮恵子『地球へ…』
 聖悠紀『超人ロック』
 ますむらひろし『銀河鉄道の夜』『アタゴオル物語』
 楳図かずお『漂流教室』
 水樹和佳子『イティハーサ』
 諸星大二郎『子供の王国』『生物都市』『暗黒神話』
 星野之宣『ブルーシティー』
 寺沢武一『コブラ』
 真鍋譲治『銀河戦国群雄伝ライ』


 完結済みSF漫画、多様性を増したSF漫画たち、
今読んでも古さは余り感じない。かな?
 此処では大友克洋以後の作品を...

 大友克洋『彼女の想いで...』『童夢』『AKIRA』

 ゆうきまさみ『究極超人あ~る』『機動警察パトレイバー』
 星野之宣
『2001夜物語』『ブルーホール』『星を継ぐもの』
 士郎正宗『ブラックマジック』『アップルシード』『攻殻機動隊』
 樹なつみ『OZ』『獣王星』
 日渡早紀『ぼくの地球を守って』
 岩明均『寄生獣』
 鶴田謙二『The Spirit of Wonder』『冒険エレキテ島』
 麻宮騎亜『サイレントメビウス』
 皆川亮二『スプリガン』『ARMS』
 高田裕三『3×3EYES』
 冨樫義博『レベルE』
 園田健一『砲神エグザクソン』
 遠藤浩輝『EDEN 〜It's an Endless World!〜』
 藤崎竜『封神演義』
 吉富昭仁『EAT-MAN』
 富沢ひとし『エイリアン9』
 外薗昌也『ワイズマン』『流伽といた夏』
 鬼頭莫宏『なるたる』『ぼくらの』
 芦奈野ひとし『ヨコハマ買い出し紀行』
 木城ゆきと『銃夢』
 高橋しん『最終兵器彼女』
 中平正彦『破壊魔定光』

 大暮維人『魔人-Devil-』
 内藤泰弘『トライガン・マキシマム』
 大石まさる『水惑星年代記』
 萩尾望都
『バルバラ異界』
 徳弘正也『狂四郎2030』
 黒田硫黄『茄子』
 平野耕太『HELLSING』
 五十嵐大介『魔女』『SARU』
 水上悟志『惑星のさみだれ』

 弐瓶勉『BLAME!』『ABARA』『BIOMEGA』
 やまざき貴子『ZERO』

 幸村誠『プラネテス』
 岩岡ヒサエ『土星マンション』
 okama『CLOTH ROAD』
 川原正敏『海皇紀』
 福島聡『機動旅団八福神』
 貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン』


 最後の項は2013年現在連載中の面白いSF漫画10選、
長く続いている作品と最新の作品を...

 高屋良樹『強殖装甲ガイバー』
 永野護『ファイブスター物語』
 星野之宣『ベムハンターソード』
 田村由美『7SEEDS』
 小山宙哉『宇宙兄弟』
 弐瓶勉『シドニアの騎士』
 平野耕太『ドリフターズ』
 白井弓子『WOMBS』
 阿仁谷ユイジ『テンペスト』
 市川春子『宝石の国』


 はい、と云う訳で62作家、100作品をお届け致しました。
此れはSF漫画なのか?と思われる物も含まれているかも知れませんが、
「少し不思議」の方だと思って頂ければ幸いです。
 そして我ながら偏ってるなぁ、とも思います、知ってます。はい。
これで80%以上読んでる方は随分な漫画読みだと思いますです。

 因みにもっともっとSFの深みに嵌りたい其処の貴方は、
SF小説に手を出すことを強くオススメします。

 さて、次回は偏ってる少女漫画選をお届けします。(多分、きっと)

 では、また。


猫のpochi

2013-07-12 : : コメント : 0 :
Pagetop

「楠みちはる」「しげの秀一」「山本直樹」「浦沢直樹」「矢沢あい」「CLAMP」と年表

 漫画史を考える5 こと最終回。

 お昼休みに、こんにちは(๑ↀᆺↀ๑)ノ

 暴走族漫画から派生したジャンルの一種完成形、楠みちはる
長期連載作の『あいつとララバイ』→『シャコタンブギ』→『湾岸ミッドナイト』
と、時代が進む内に、粗さとトレードオフで車の比率と説教が増える。
 『湾岸~』と『C1ランナー』はチューンドカーを緻密な描写で描く、
改造車と格好良い親父の青臭い説教が好きなら。

 前述の楠とほぼ同時期に活躍し始める、そしてよりクリーンな作風のしげの秀一
『バリバリ伝説』では街道ライダーからプロライダーになる様を緻密なオートバイと共に描き、
当時の若者から熱狂的な支持を得て、楠と共に独自の地位を固める。
 続いて『頭文字D』では峠の走り屋を描き、国内外で大きな人気を得る。
主人公の乗るスプリンタートレノ3ドア(AE86)の中古相場は年々上昇している。

 青年、成人漫画においてキチガイ(原文まま)を描き続ける山本直樹(別名:森山塔、塔山森)
『BLUE』で有害図書指定を受けてもなお独自の路線を貫き通した次作『ありがとう』
その他にも『学校』『テレビばかり見てると馬鹿になる』『安住の地』『堀田』と名作を次々と輩出
有害図書指定、其れがどうした、山本直樹の漫画は面白いぞ。
 漫画雑誌『マンガ・エロティクス・エフ』のスーパーバイザーを務める。

 未だ本気をみせない稀有の才能、その凄さ浦沢直樹
原作付きの『パイナップルARMY』『MASTERキートン』『PLUTO』
スポーツ少女を描いた『YAWARA!』『Happy!』
そして本性に近い『MONSTER』『20世紀少年/21世紀少年』
その全てをヒットさせる偉業、底は何処にあるのか。

 デビューから一貫して地に足の着いた少女漫画を描き続ける矢沢あい
正統派少女漫画『マリンブルーの風に抱かれて』『天使なんかじゃない』
時代を反映させた『ご近所物語』『Paradise Kiss』
 常に時代の少女たちと少女たちから見える世界をちゃんとみている、
近年は少女だけではなく様々な層に影響を与えている。

 この項の最後は女性4人組の漫画家集団CLAMP、同人活動の後に商業誌へ
緻密で美麗に描かれた少年少女キャラには性別を問わず多くのファンを虜にする
古代インド神話をべースとした壮大な物語『聖伝-RG VEDA-』
怪奇、都会、を描いた『東京BABYLON』は後の作品にも脈々と流れる物がある
魔法少女物として『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』で大ヒットを記録
その他にも様々な媒体で精力的に作品を発表し続けている。
 諸般の事情で休載中の『X』『CLOVER』の再開を待ち続ける。

 、ここまで31人の漫画家を軸に戦後漫画史を書いてまいりました
しかし勿論此れは、ほんの一部分に過ぎません、他にも多数の漫画家が
先人が、築いてきた作品、技法が沢山あり、影響を与え、与えられ、
読者のリテラシーを向上させてきました。そしてこれからも...
 漫画史を考える1-5のオススメ作品は赤字です、是非お手にとって頂ければ。

 最後は簡単に年表を
1948 第1次漫画ブーム、後に貸本の隆盛
1951 月刊マンガ誌が創刊され始める
1955 悪書追放運動が始まる
1959 週刊少年マガジンと週刊少年サンデーが創刊
1960 劇画ブームが始まる
1962 少女漫画誌が創刊され始める
1963 第2次漫画ブーム
1968 週刊少年ジャンプ創刊
1974 コミックマーケット始まる
1976 第3次漫画ブーム
1979 ニューウェーブの台頭。
1980 青年漫画誌が多数発刊
1986 講談社、集英社、小学館の3社でのシェアが70%を超える
1990 子供向けポルノ追放運動
1994 週刊少年ジャンプが最高の653万部を記録
1995 業界がピークを迎える、少年少女青年漫画が混然一体となる、以後出版不況へ
2010 青少年健全育成条例の改正問題

現在 

 ニューウェーブとは
大友克洋、吾妻ひでお、いしかわじゅん、柴門ふみ、諸星大二郎、星野之宣、など
彼らが青年漫画において、既存の漫画とは一線を画する作品をそれぞれ発表する
少年漫画、少女漫画、青年漫画、劇画、の枠組みを取り去った。

 さて次回はSF漫画史についての駄文をお届け致します。
そちらもご一読頂ければ幸いです。

 それでは、また


猫のpochi
2013-07-10 : : コメント : 0 :
Pagetop

「あだち充」「星野之宣」「大友克洋」「鳥山明」「ゆうきまさみ」「高橋留美子」

 画史を考える4

 うい、こんばんは(๑ↀᆺↀ๑)ノ

 が先にプロとして活動していた、続いて弟のあだち充がデビュー、
当初は劇画調の画を描き、其処から省略する手法で
現在の方向線上にある画になる、少年誌→少女誌→少年誌に戻り
『ナイン』で高校野球を題材とした作品を発表しはじめ
『タッチ』で大ヒット、続く『H2』もヒットさせる。
 最も重要なシーンをあえて描写しないシャイな漫画家である。
個人的なオススメは『陽当り良好!』『スローステップ』です。

 いて、SF・伝奇漫画家の星野之宣、諸星大二郎と友人関係にある。
初期連載『ブルーシティー』では終末SFを描くが第1部で打ち切られてしまう、
ファンは今も第2部を心待ちに…
伝奇作品『宗像教授シリーズ』では世界~日本、宗教、民俗史、古代史などを
上手くミックスさせて描く、
短編ハードSF『2001夜物語』ジェイムズ・P・ホーガン原作『星を継ぐもの』を描ききる。

 画界におけるエポックメイキングは手塚治虫に次いでこの人、
大友克洋である。宮谷一彦などの影響のもとに、緻密な描写、精巧なパース、
初めて日本人を日本人としてみえるように描く、
などの技法を用いてデビュー以後一貫して圧倒的なリアリティのある画で
多様なジャンルの作品を発表する。
 そしてSF作品『童夢』・『AKIRA』で漫画界を大きく革新する事となる。
オススメは初期短篇集『ショート・ピース』と後期短篇集『彼女の想いで…』です

 手塚治虫が漫画の基本的な文法を整え、
大友克洋は漫画・劇画をある意味で一つの完成形とする。
果たして彼らの影響を受けていない現代漫画家が存在するのだろうか。

 ジャンプシステムの構築とその功罪、
週刊少年ジャンプ600万部の立役者、鳥山明
編集者と漫画家が二人三脚で連載を成功させる
日本漫画の構造、その最たる成功例。
 編集者鳥嶋が鳥山を見出し、多量の修行をさせて『Dr.スランプ』を大ヒットさせる
その後『DRAGON BALL』を更なる大ヒットへと導いた。
 しかし漫画、アニメの大ヒット故に、連載の延長を強いられる事となる、
商業的には当たり前だが、アンケート結果が即反映され、
不人気ならば即打切となることによって
どんどん新しい作家を輩出する、しかしそれ故に作家を使い捨てているとの批判も根強い。
 元々鳥山明の描くメカ・人物には独特のデフォルメが効いており、非常に面白い。

 パロディ作家として始まった、ゆうきまさみは日常SFコメディ『究極超人あ~る』、
ヘッドギア原作で現実にありうるロボットを描いた『機動警察パトレイバー』
地元北海道の牧場を舞台にした『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』と様々な設定を
それぞれ長期連載で描ききる、週刊少年サンデーとゆうきまさみの相性の良さであろう。

 今回のラストは漫画の鉄人の一角、高橋留美子である、
劇画村塾で学んだ後に少年誌でSFラブコメの『うる星やつら』と
ヤング誌でラブコメの『めぞん一刻』を並行連載して共にヒットさせる。
次いで少年誌で『らんま1/2』描ききる、
その後も常に長期連載を持って一定の人気を博す
 しかし私は高橋留美子の真骨頂は、短編に現れると考える、
此処では『人魚シリーズ』『高橋留美子劇場』を推す。

 さて次回、最終回は、
「楠みちはる」「しげの秀一」「山本直樹」「浦沢直樹」「矢沢あい」「CLAMP」
について記述しよう、その後は特定ジャンルについての漫画史を幾つか書く。

 多分、きっと。

 では、また。

猫のpoch

2013-07-09 : : コメント : 0 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

自己紹介

nekopochi413

Author:nekopochi413
どうも猫のpochiです。
リンクは御自由にどうぞ。

スライドショー

カウンタ